診療時間

当病院の特徴
当院は整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科を専門としています。骨、関節、神経の各疾患に最新の医療技術で適切な治療を行います。膝関節、肩関節、股関節等の頸椎、腰椎の疾患の治療、さらに関節リウマチや肩コリ、腰痛のリハビリテーションも行います。また当院はMRIなど最新医療機器を完備していますのでレントゲンでは写らない軟骨、靭帯、腱、神経等の病気を早く正確に診断できます。最近ではその場で直ちに行えるエコーを用いて、レントゲンでは映らない病変をモニターを見ながら分かりやすく説明致します。その上で患者さまの症状に合わせて、リハビリテーション、薬物療法、関節内注射、ブローフ注射、装具療法などの保存的療法を行います。また手術が必要な患者さまは提携する病院(済生会和歌山病院・日赤和歌山医療センター・和歌山ろうさい病院等)で密な連携を取りながら行います。



レントゲン
 骨や関節の変形や病変、骨折などの診断に用いられます。

MRI
 レントゲンに写らない軟骨、筋肉、靭帯、腱、神経や、早期の骨壊死などを描出する事が出来るので 正確な病気の診断が出来ます。当院のMRIはオープン型の装置で、圧迫感が無いため、閉所恐怖症の 方でも検査が可能です。

超音波エコー検査
 軟骨や腱、靭帯を被爆も無く、聴診器のような感覚で検査が出来ます。

骨密度測定装置
 骨粗鬆症の診断に骨密度の測定が必要になります。骨折予防のため、薬物による骨粗鬆症の進行予防が 重要で、骨密度測定が必要になって来ます。当院ではALOKA社製の二重エネルギー骨X線吸収測定一体型 装置で骨粗鬆症の診断や治療経過の観察を行います。

血圧脈波検査(ABI)
 腰部脊柱管狭窄症では神経の圧迫により間欠性跛行(歩行時に休息が必要)を認めますが、下肢動脈の 狭窄、閉塞でも同様の症状が出現します。下肢動脈の狭窄を調べるには血圧脈波検査(ABI)を行います。